ソロキャンプ用ワンポールテントおすすめ10おしゃれ重視の人必見!

一昔前はテントと言えばドーム型テントが主流でしたが、近頃はそれに迫る勢いで「ワンポールテント」を使うキャンパーも増えてきていますね。

ドーム型テントとは一味違った使用感と、いかにも「これぞテント!」といった風格…ワンポールテントを用いたキャンプスタイルに憧れを抱く方も多いんじゃないでしょうか?

今回はそんなソロキャンパーに向けて、ソロでも使い勝手最高なワンポールテントの選び方、そして注意点やおすすめのモデルを解説していこうと思います!

ソロキャンプはワンポールテントが人気

ソロキャンプはワンポールテントが人気

グループキャンプ用の大きな製品もありますが、ワンポールテントはとりわけソロキャンパーに好まれていますね。

ワンポールテントは1本の支柱(ポール)でテントシートを支える仕組みのテントです。「モノポールテント」とか「ティピ」とも呼ばれているタイプも基本的には同じものだと思ってOK。

フレーム部品が少ないので軽量性&収納性に優れていることや、ドーム型テントに比べてデザインが可愛らしいことなどを理由に人気を集めています。

普段からワンポールテントでキャンプに出ている人たちの口コミを確認してみると、「荷物が軽くて助かる!」とか「設営が簡単!」など様々なメリットを感じている方がいるようですが…

ぶっちゃけてしまうと、ワンポールテント最大のメリットって「おしゃれ」っていうところに収束すると思うんですよね。

機能性だけで考えるとドーム型テントに劣っている部分も正直あるんですが、それでもあの可愛らしいフォルムで泊まれるなら苦にならないといいますか、多少のデメリット程度は呑み込めてしまいます。

確かにテントと実用性は切っても切り離せない関係なんですが、効率ばかり考えてアタマでっかちになると「キャンプをエンジョイする」という当たり前のことを忘れてしまいます。

いつもと違う雰囲気で楽しくおしゃれに過ごしたい…そんなワガママな望みを叶えてくれるギアの一つが「ワンポールテント」という選択なんだと思います。

 

ソロキャンプ用ワンポールテントの選び方

ソロキャンプ用ワンポールテントの選び方

ワンポールテントを購入するなら、「どのポイントを重視して買うか?」を意識しましょう。

初心者はもちろんですが、一般的なドーム型テントをいくつも所有しているという方でも、ワンポールテントを使うのが初めてなら正しい選び方を学んでおいたほうが良いでしょう。

ここではワンポールテント選びで失敗しないためののポイントと、気を遣っておきたい注意点についてざっと解説していきます。

インナーテント

ワンポールテント選びではまず「インナーテント」が標準でセットになっているか確認しておくと良いでしょう。

インナーテントが何かわからないという方は、「テントの中に張る小さめのテント」だと思ってくれればとりあえずOK。ワンポールテントそのものを「家」に例えるならば、インナーテントはテント内を細かく仕切るための「部屋」みたいなものです。

複数人が同時に泊まれる広いワンポールテントの場合、各自でインナーテントを用いてパーソナルスペースを区切ることも出来るわけです。また、内部を仕切るのではなくテント全体をまとめて覆うタイプのインナーテントもあります。

夏はメッシュ地のインナーテントで虫の侵入を防ぎつつ風通しは確保し、冬は生地の厚いインナーテントで保温効果アップを狙う…というように、インナーテントひとつあるだけでテント内の過ごしやすさがガラリと変わるのです。

インナーテントは単体でも売られているので、無理にワンポールテントとインナーテントがセットになっているものを選ぶ必要はありません。

しかし標準でセットになっているものなら相性を気にしなくていいので初心者向きですし、キャンプ地に着いてから「インナーテント忘れた!」なんてうっかりミスも減らせるかもしれませんね。

設営

ワンポールテントの設営には、ドーム型テントとは違ったコツが要ります。

初心者向けのキャンプサイト等を見ると、不思議なほど「ワンポールテントは設営がとっても楽!」と大げさに謳っているサイトが多いようですが…これは半分アタリですが、半分は間違いなので注意が必要!

確かにワンポールテントは部品数が少ないおかげで”慣れれば”楽に設営できますが、普通のテントとは違って等間隔にペグを打たなくてはならないため、やり方に馴染むまではむしろドーム型テントを建てるよりも時間がかかるのが普通です。

設営のしやすさは、「ペグの本数」「シートの大きさ」「ポールの高さ」等の要素で違ってきますので、取り扱い説明書などを読んで設営の方法をしっかり確認しておきましょう!

厳しめに言いましたが、サイズが小さいソロキャンプ用のワンポールテントなら1~2回くらい組み立てれば慣れてくると思いますので、初心者でも気負う必要はありませんよ。

素材

これはドーム型テントでも同じことですが、テントの生地はメーカーやモデルごとに異なる素材で作られています。

主にテントシートに使われる素材としては「ポリエステル」「コットン」「ナイロン」「ポリコットン」といったところでしょうか。

ポリエステル素材なら防水性は高いけど火の粉で穴が開きやすい、コットン素材なら通気性が高い代わりにカビが生えやすい…といったように、シート部分の素材によってテントの性能にも変化が出ます。

安価で性能のバランスが良いためポリエステル製のテントは主流ですが、ワンポールテントを好むキャンパーはデザイン性を重視する傾向があるため、コットンやポリコットンの人気も割と高いです。

コットン素材やポリコットン素材はテント特有の”人工物っぽさ”が少ないため、大自然の中に張っても違和感がないというのはメリットの一つですね。

重量

ワンポールテントはフレーム部品が少ないので軽い!というのはおおむね事実なのですが、だからといって重量の確認を怠ってはいけません。

なぜかと言うとワンポールテントは自立しない分、地面に固定するための「ペグ」や「ガイロープ」といった付属装備を多めに持っていかなくてはならず、雨天時に備えて「タープ」まで持っていくなら、テント関連の装備品だけでかなり重くなってしまう恐れがあるからです。

特に要注意なのがペグの重さですね。ワンポールテントの標準ペグは軽量性重視で細く作られていますが、細すぎて使いづらいといった理由から別売りの鍛造ペグに持ち変える方も多いです。

しかしこの鍛造ペグが1本300グラム以上はあるから中々の曲者。8ヵ所にペグを打つタイプの一般的なワンポールテントの場合、鍛造ペグを使うとそれだけで2.4㎏分も荷物が増えてしまうのだということを忘れてはいけません。

ワンポールテントのシート部分に使われている素材や、ポールの材質によっても総重量は大きく変動してきますので、ひとつひとつの部品の重量ではなく「総重量」で考えるのが失敗しないコツですね。

価格

ワンポールテントに変えようかどうか迷い中…という方がリアルに悩むのが価格に関してですよね。

ひとくちにワンポールテントと言ってもピンキリですが、実際ドーム型テントと比べて高いか?と聞かれると別段そういうわけではありません。

ソロキャンプ用のワンポールテントなら1万円以下のモデルでも普通に使えますので、最初はお試しということで安いモデルを購入して、新しいキャンプスタイルに慣れてから徐々にグレードを上げていってもOKだと思います。

ちなみにですがワンポールテントの値段が相場より安いのは性能よりも「付属品の数」に影響されているところが大きく、例えば5000円台で買える代わりにインナーテントやペグは別途購入する…という感じになっていることも多いです。

お試しなら最安値のモデルから買うのは全然アリですが、価格とセット内容を照らし合わせることは忘れないようにしてくださいね。

 

ソロキャンプ用ワンポールテントおすすめランキング

ワンポールテントを試してみたいソロキャンパーに向けて、初めてでもおすすめできるワンポールテント製品を10点ほど発表していきます!

わかりやすくランキング形式にしましたが、順位の基準としては「ソロキャンプ用に適しているかどうか」という点を重要視してみました。

軽量性・収納性・価格など、お一人様にとって嬉しいスペックを備えたワンポールテントばかりなので参考にどうぞ!

10位 Coleman(コールマン)エクスカーションティピ

第10位に選んだのはコールマンの「エクスカーションティピ」。

ちなみにティピとはインディアンの伝統的なテントのことで、形状が似ていることから最近ではワンポールテントの別名としても使われています。

エクスカーションティピはかなり頑丈な造りで、ちょっとやそっとの風でポールが倒れるようなことはありません。ポール自体が鉄製で重めに設計されている上、固定パーツでしっかり留まるので安心感があります。

重量は4kgとソロキャンプ用にしては重めですが、新品でも1万円以下で購入できたりするので初心者のお試し用としては悪くないモデルだと思います。

9位 DOD(ディーオーディー) 2ルームワンポールテント

DODの「2ルームワンポールテント」は、テント内を寝室と前室に分けて使うタイプのワンポールテントです。

2ルームに分けられるくらいサイズが大きいので重量は7.5㎏と重めですが、前室にキャンプチェアや荷物類を置いておけば寝室はゆったり使えるのでテントを広く使いたい方にはおすすめ。

ワンポールテントは一般的に雨に弱いと言われていますが、前室と寝室に分けられているモデルなので就寝中に雨漏りで起きてしまう…なんて失敗も少ないので安心して寝ていられます。

8位 Black Diamond(ブラックダイヤモンド) メガライト

アメリカの登山グッズメーカーBlack Diamond(ブラックダイヤモンド)が出しているワンポールテントが「メガライト」です。

一見かなり薄手に見えますが、アメリカでは雪山登山やスキーでも使われているモデルなので冬キャンプでも使用OK。ただしインナーテントは別売りなので買い足す必要があります。

ナイロンの両面にシリコンを染み込ませた「シルナイロン」のテント生地なので非常に防水性能が高く、また軽くて丈夫なのがメガライトの特徴です。

専用のポールでなくても問題なく使えるので、アメリカのほうではスキーストック等をポール代わりにして荷物を減らす使い方も流行ってるんだとか。

7位 Six Moon Designs(シックスムーンデザインズ) ルナーソロ

他のワンポールテントとは趣がかなり違いますが、一人用特化型のテントとしては「ルナーソロ」もかなり人気ですね。

ルナーソロは高さ122㎝しかない小型のワンポールテントで、形や大きさを見るとテントというよりも「大きめの寝袋」と表現したほうがしっくり来るぐらいにコンパクトです。

しかし小さく設計されているおかげで設営はダントツで楽ですし、隙間が少ないので雨漏りの心配も少ないです。なにより重量がたった710グラムしか無く、今回のランキングでも最軽量のモデルとなっています。

居住性を高めるより軽量性を上げたい人に適したワンポールテントという印象ですね。

6位 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) パンダ

設営の簡単さにこだわって設計されたワンポールテントがtent-Mark DESIGNSの「パンダ」。

ワンポールテントはペグの重みで支柱を押さえ込む仕組みなので、ポールを真っ直ぐに立てるのには見た目以上の力がいります。

しかしパンダは女性一人でも組み立てられることを意識して作られているので、本当にスッと組み立てられるんです!

それから、テントシートにポリコットン素材が採用されているのも魅力ですね。ポリコットンは熱に強いので火の粉くらいでは穴が開かず、テントの近くで焚火やバーベキューをしたいタイプの方には本当におすすめのテント素材です。

5位 Tentipi(テンティピ) オリヴィン2

ティピ型のテント作りに特化したスウェーデンのアウトドアメーカー・テンティピからは「オリヴィン2」をご紹介。

テンティピはワンポールテントでは定番中の定番ですが、10人以上で使う巨大なモデルが多いのが難点。しかしオリヴィン2は、1~2人向けに改良されたモデルなのでソロキャンパーに人気です。

内部からベンチレーションの微調整が出来る仕組みになっているので、夜間に天候や気温が変わったとしてもわざわざ外に出る手間がいりません。

4位 CAPTAIN STAG (キャプテンスタッグ)アルミワンポールテント

キャプテンスタッグの「アルミワンポールテント」魅力は、シンプルながら可愛らしいデザイン性です。

使用時の大きさが300×250×180cmと比較的大きめに設計されているので、大柄な男性でもソロキャンプであれば不自由なくテント内で過ごすことができます。寝るだけなら最大で3~4人は入れますね。

全室を覆うタイプのインナーテントが付いているので、基本はソロキャンプ用として、たまには子供や奥さんを連れてのグループキャンプ用でと使い分けるのもいいと思います。

3位 DOD(ディーオーディ) ライダーズワンポールテント

DODの「ライダーズワンポールテント」は、バイクツーリングキャンプをメインにする方のために積載量を小さく抑えたワンポールテントです。

中型~大型のバイクに積むことを想定した設計で、畳むと14×50㎝のコンパクトサイズになります。

収納サイズは小さくとも、展開すれば大人一人がゆったり寝られるスペースになるのでソロで使うには充分ですね。

テント内のちょうど半分くらいを覆うインナーテントが付属しているので、夏でも風通しが良く虫の心配をする必要がありません。その他にも際立った短所がなく、スペックのバランスが取れたワンポールテントという感じです。

2位 BUNDOK(バンドック) ソロティピー

BUNDOKが出している「ソロティピー」も、ソロキャンパー向けとしては定番ですね。他のキャンパーがこのワンポールテントで宿泊しているのを見たことがある人もいるのでは?

ソロティピーは設営時の高さが150㎝に設計されており、DODのライダーズワンポールテント等に比べると低めの設計ですね。大人の背丈だと天井に引っかかるので、基本的にテント内で立つことは出来ません。

しかし中にコットやキャンプチェアを設置すれば快適に過ごせますし、のんびり楽しむならソロティピーの狭めの居住感はけっこう心地良いです。

モノポールテントの大敵こと「雨」に強い設計なので、天候の急変に慌てなくていいところにも好感が持てますね。

1位 Canadian East×OGAWA CAMPAL 黒ピルツ

このモデルを見てワンポールテントに憧れた人もいるのでは…!?ということで、おすすめワンポールテントランキング第1位は「黒ピルツ」です。

カラフルな色合いが多いアウトドアテント業界では珍しい漆黒のテント地は、遮光性が非常に高いので夏でも見た目より涼しく、太陽光を吸収するブラックカラーが冬場の保温性まで確保してくれるのです。

テント地にテフロン加工が施されているので近くでバーベキューをしても油でベトベトになることがなく、さらに砂埃にも強く、摩耗による劣化もしにくいという…どこをとってもスペックの高さが際立つテントです。

2012年に限定発売されただけなので「もう手にはいらない…」と諦めている方も多いと思うんですが、実は2016年から復刻モデルが登場してるので興味のある方はぜひ。

 

まとめ

いかがでしたか?

おしゃれなテントを探ているならワンポールテントが絶対におすすめです。また設営もさほど難しくないので安心です。

今後もさまざまなテントを紹介していきます。

ソロキャンプ用ワンポールテントおすすめ10おしゃれ重視の人必見!
最新情報をチェックしよう!