ソロキャンプの魅力は?何が良いの?過ごし方や楽しみ方を知ってやってみよう

ここ数年、私のようにソロキャンプに魅力を感じている人が増えています。

キャンプは、現代社会で一杯抱えているストレスを解消するならもってこいの方法とも言えるのでしょう。

まだ、ソロキャンプを体験したことがないという方々に、ソロキャンプの魅力、楽しさを解説しましょう。

ソロキャンプの魅力

ソロキャンプの魅力

毎日、仕事ばっかりでストレス溜まっていませんか?

一生懸命パソコンと向きあってお仕事しているものの、頭だけ活発に活動していて、身体は停止モード。こんなぎくしゃく感がストレスを一杯溜め込んで、人間をうつ病にも追い込んでしまうかもしれません。

そのような問題から解消されるため、自己の身体を自然の中に開放しませんか?

まさに、ソロキャンプの魅力とは、自然と自分が向きあうことができるチャンスなのです

お一人様キャンプは自由が一杯

ソロキャンプは男性にも女性にも人気です。お一人様で、たまには自由に過ごしたいという気持ちは、女性も同じではないでしょうか。

  • ソロキャンプって楽しいの?
  • 不安じゃないの?

と思っている人たちは、まずはやってみてはいかがでしょうか?最近ではキャンプ道具のレンタルもやっているので行ってみて合わなくても出費をおさえることもできます。

でも、やってみたらソロキャンプの魅力を絶対に感じるはずです。

社会・規律に縛られた人間ってなかなか自由になることができない存在なのです。ソロキャンプをしたから自由を得るわけでもありません。

しかし、ソロキャンプで自然と対話をしているという意味では、普段の時間がはぐらかされているといういい方はしていいのではないでしょうか。

自然とより対話をすることができるから、友だちと一緒にキャンプというよりは、一度ソロでのキャンプをおすすめしたいのです。

自然にいる時は普段よりもゆったりとした独特の時間が流れています。

そんな自然時間の中に身を委ねることができるから、お一人様キャンプで一度自己をリセットすることができます。

自分で揃えたキャンプ道具で楽しめる

自分で揃えたキャンプ道具で楽しめる

あなたが友だちとキャンプをするという場合、キャンプグッズは、友だち任せになっていることはないでしょうか。

キャンプ初心者の方々は、たいていそういう入り方をしているでしょう

慣れれば変わるということではなく、結構受け身姿勢のキャンプスタイルをずっと持っている方々が多いです。

お一人様キャンプは、つまりちょっと努力しなければならないですが、一人で、キャンプの道具と向きあう方法なのです。

キャンプの道具ってすごいと思いませんか?なぜなら、何もかも、洗練されていて、私達が生きるため必要不可欠なアイテムだからです。

買ってから思ったのですが、災害時は絶対に大活躍するだろうと確信しました。

ソロキャンプを自然の中で楽しんでいると、リアルにモノと向きあっているんだという実感もして来ます。

まるで、大昔、原始時代の人たちは、こんな感じで生きていたんじゃないのかということまでなんとなく実感してしまったりしてキャンプって、私達の本来の人間のあり方を実感させてくれるいい機会なのです。

キャンプ道具がとても美しいのです。

あなたもそう感じたら、都会に戻って日常生活を過ごし、また再びお一人様キャンプに戻りたいと思う時があるでしょう。

焚き火をいつまでも見ていられる

私はソロキャンプをしていてしみじみ思うのですが、 火って本当にすごいんだなって

日常生活で、みなさんは、火を使う機会が多くあるでしょうけど、そんな思いになったことってあるでしょうか……

火があって、水があって、太陽があって、空気があって……、そして私達は生かされているんだという気持ちにもしみじみなって来るんです。

私は、焚き火をしていて、火って何ものなんだろう……と考えることがあります。でも、答えなんて出てこないのです。

それは、人間が抱える観念を越え出るものだからです。そもそも観念を越えたものなど自然の中には一杯ありますよね。

しかし、私達は敢えてそのようなものとは向きあうことをしないで無視、いつも、明確な回答が出るものばかりに寄り添って安堵感を得ているのかもしれないですよね。

おしゃれな焚き火台

燃焼材を地面に直置きしての焚火を禁止しているキャンプ場が増えている昨今、宿泊中に火を扱うなら「焚火台」は欠かせないアイテムとなりつつあります。これといって洒落っ気のない無骨なデザインの焚火台も悪くありませんが、どうせ使うなら凝ったデ[…]

ソロキャンプでおしゃれな焚火台15選!完全ビジュアル主観でご紹介

 

ソロキャンプでは何すればいいの?

ソロキャンプでは何すればいいの?

実際に、これからソロキャンプしたいという方々のため、ソロキャンプで何をしなければならないか、ざっと解説しましょう。

もちろん、それぞれの人たちがそれぞれのルールに従えばいいのですが、それでは初めての方々は何していいか戸惑ってしまうかもしれないですよね。

大枠は既存のものに従い、あとはソロキャンプならではの自由性を堪能してください。

ソロキャンプはこう過ごす

ソロキャンプを初めてやるなら絶対いキャンプ場です。野営はまだ早いです。

遠くても片道2時間くらいがいいですね。人気のキャンプ場を検索したり、近所のキャンプ場でも大丈夫。まず行くことが大切です。

例えば釣りがしたいという人たちは、そのような人たち向けのキャンプ場がありますので、インターネットでリサーチしましょう。

トイレ、炊事場、お風呂、ランドリーの設備はどんな感じでしょうか。

料金はどのくらいかかるのでしょうか。

テント、ランタン、寝具とか、調理する道具と言ったものもレンタルしているところもありますので、そのような場所を選択すれば、荷物を最小限に留めることができます。

キャンプ場に到着したらまずは、寝る場所をしっかり確保しましょう

寝る場所をしっかり確保することができれば、結構はじめてソロキャンプでも、安心感があふれ出して来るものですよ。

キャンプ場に来るまでも緊張感もあったでしょうし、寝る場所をセッティングしたら、ちょっとお昼寝タイムでもソロキャンプならOKです。

テントを張って、昼間から早々、ワインというのもソロキャンプだからこそ許されるのです。

お酒好きの方々は、ビール、ワイン、日本酒、ウイスキーなど調達しておきましょう。

お酒を飲んでボーッとしているなんてもったいないじゃないかと思うかもしれませんが、全然そういうこともないと思いますよ。

なぜなら、ソロキャンプはやっぱり自由が魅力なのですから。

お酒を飲みながら、ただボーッと自然を眺めている……最高じゃないですか。

この程度のことが、人間にとって本当の贅沢なのかもしれません。

次はご飯の用意です。ご飯は、暗くなってからでは大変なので、やや明るいうちに用意しておきましょう。

キャンプ場に到着して、あらかじめ晩ご飯の下ごしらえを済ましておくと楽ですよ。昔、子供の頃キャンプして、飯ごうでカレーライス食べた経験はお持ちでしょうか。

なんで、普段食べているカレーライスなのに、こんなにデリシャスなのでしょうか!

そのような経験をお持ちの方々には、あえてキャンプの食事の魅力をお伝えする必要はありませんよね。

とにかく、ソロキャンプでは、凝った料理なんかに挑戦しないでも、目一杯おいしい料理と遭遇することができますよ。

そして、家でも一度挑戦してみようと思えば、味が全然違っているようで……。そして、再び多くの人たちがキャンプ場に訪れるのではないでしょうか。

ソロキャンプで、是非ともあの懐かしい飯ごう体験もしていただきたい!ですね。火の加減もわからないですし、本当に上手くいくかドキドキですね。

でも、ちょっと失敗しても、飯ごうは不思議なくらいおいしいのです。

飯ごうはハードルが高いと思いの人たちもいらっしゃるかもしれませんが、コツさえ抑えればいいのです。

水と米は1:1

沸騰するまで、飯ごうの蓋が空かないようにしましょう。

かすかにこげのニオイがして来たら、ほぼ完成、火からおろして飯ごうをひっくり返します。

20分程度蒸らすということは忘れないようにしてください

飯ごうでカレーライスというのもOK、また、飯ごうで、炊き込みご飯にもトライしてみてはいかがでしょうか

材料は、焼き鳥缶と、あとしめじとか、できるだけ包丁を使わないで済ますものを材料にして、味付けは、めんつゆです

何かあったとき、めんつゆを使えば、味が非常にまろやかになって重宝しますよ

あと、お酒と、焼き鳥缶のタレです。どんなレストランでも味わうことができない貴重な味の体験です。

自然の空気も、スパイスとして混ぜ合わせてみましょう。

そして……、やっぱりここでもお酒、独断でモノを言いますが。アルコールが苦手という方々には申し訳ありません。

私にとってアルコールとは、自然と私自身をしっかり密着させるための接着剤だと言いたいのです。

そして、夜になれば、星空を眺めて過ごすというのもいいですが、やっぱり焚き火です!

こんなとき、アルコールは、ウイスキーが一番合うと思いますが

焚き火の話しに再び戻りますが、火には、一度として同じカタチが存在していないのです。一瞬一瞬の火に対して、私達は感動の声をあげてもいいのだと思いますが。

そして、焚き火の魅力は、コミュニケーションを活発化させる力を持っていることです。

そのようないい方をすれば、ソロキャンプの方法は、ただ人恋しさに暮れてしまうのかもしれませんが、人恋しくなれば、再び日常生活に戻り、いろいろな人たちと話しをすればいいと思います。

今は、焚き火のコミュニケーションの力を借りて、自己との対話をしてみてはいかがでしょうか

自分自身が自分自身に問いかけてして、しっかりと自分自身がそれに答えてくれるはずですよ。

そんな時間が日常生活ではあまりも少なく、いつもあわただしい時間を過ごしているから、自分が何かがわからなくなってしまう人たちが多いのかもしれません。

ソロキャンプで、しっかり火を見つめて、自己という存在にしっかりイカリを沈めていただきたいですね

ソロキャンプはこう楽しむ

最近では、女の子のソロキャンプというものも流行しているようです。

一度、女性の方々も、現代社会の疲れをリフレッシュするため計画してみてはいかがでしょうか。

女の子一人でカラオケで歌うというのも当たり前になろうとしています。

だとすれば、お一人様キャンプというのもそろそろ本格的に視野に入れていい頃かもしれません。

もう既に女性だけでキャンプは世間に浸透しつつあります。

街では、キャリーバック引きずった女性たちが多くいますが、あのような感じで、気楽なモチベーションで、キャリーバックの中にはキャンプ道具一式入れた、通称キャリーキャンパーと呼ばれる人たちが急増しています。

私もあんなお一人様キャンプがしたいというのではなく、潔く決断しなければなかなかはじめることは出来ないと思いますよ。

そこで、誰かに相談する必要もない訳ですから、こんな気楽な話しはありません。

でも、正直、女の子一人のソロキャンプって不安も一杯という感じではないでしょうか……

女の子たちはそれぞれ不安感は持っているはずです

でも一度はソロでキャンプをしてみたいし……

そのような流れがあって、現在では、ソロキャンプのグループが誕生しています。

不安という方々も、そのグループの中のお一人様になることができれば、安心ですよね。

焚き火をして、誰かとコミュニケーションを持ちたいと思えば、誰かに寄り添って行けばいいのではないでしょうか。

現地において、新しい友だちを作るというのも、ソロキャンプの魅力のひとつと言っていいです。

ソロキャンプは、自由性の高いことが魅力なのですから。

普段、その友だちとは会わないけど、キャンプ場では必ず会うという友だち作りもすることができます。

昔、街では、お一人様と言えば、何かあわれ、みすぼらしいというイメージも付着していたものです。

でも時代も変わり、お一人様で何が悪いのか、お一人様のメリットも随分語られるようになって来ました。

勘違いしているかもしれませんが、一人は決して悪いことではありません。

一人にならないことには、どうして真実の人によっかからない自己を知ることができるのでしょうか。

そのとき、他者があなたについての評価を教えてくれるかもしれません。それもある意味正しいいい方なのかもしれませんが、それ以前まずは、自分を知って、そのあとに他人の並べてくれた評価と比べてみるべきではないでしょうか

お一人様は孤独です。ソロキャンプは孤独の体験です。

もう一度言いますが、なぜ孤独でいけないのでしょうか

でも、ソロキャンプの体験は、ずっと孤独にひたることではないのです。

ソロキャンプで孤独になるのは、孤独の奥底にある部分からまた手を差し出し、コミュニケーションを求めるためだと思います。

そのコミュニケーションとは、いつも私達が体験しているものよりもっとレベルの高いやりとりなのです。

まとめ

ちょっと熱く語りましたが、少しでもソロキャンプの魅力が伝われば嬉しいです。

私はソロキャンプを始める前は1人で何が楽しいんだ?暇にならないのかなとつまらない考えばっかでしたが、いざやってみたら考えが変わりました。

やらないと分からないこともあるのでまだな人はぜひソロキャンプやりませんか?

ソロキャンプの魅力は?何が良いの?過ごし方や楽しみ方を知ってやってみよう
最新情報をチェックしよう!